見える家づくり集団とは?

私達は建築士と工務店が集まった建築集団

もちろんすべての設計メンバーは1級建築士です。
シックハウス、欠陥住宅などなど…いまの「日本の家」に疑問を投げかけ、そこにある問題を最小限にする家づくりを行っています。
家を建てるというのは大変なことです。どんな構造にするか、どんな建材を使うか、どんな間取りにするか…
そしてどんなところに家づくりを頼むか。こうしたことが見えてくればくるほど満足度の高い家づくりができるはずです。

私たちはこの「見える」という言葉をキーワードにし、納得し合いながらじっくりと家づくりを進めていくグループです。

「本来あるべき姿の家づくりをしたい」見える家づくり集団は、そんな建築プロの団体です。

最大限の「安心」と「思い」を組み込む

自然素材を使ってさえいれば「いい家」になるか?
断熱材がたくさん入っていれば「いい家」になるか?
住まい手の希望通りの間取りにすれば「いい家」になるか?
これはすべて違うと思います。たとえばいまは自然素材のブームですが、私たちはずっと前から当たり前のこととして自然素材を使っています。だから大声で「自然素材の家をつくります!」というアピールをすることに違和感があります。そこだけで「いい家」を語るべきではないからです。

 

 

私たち建築のプロの本来の役割は「限られた予算の中で最大限の安心と思いを家に組み込むこと」だと考えています。

あなたが家を建てる時、すべて人任せで建てますか?

いまの「日本の家づくり」はほとんど人任せ。それがすべて悪いとは言いません。
ただ…あなたの建てるその家がその土地の気候風土に合っているのか?あなたの建てるその家があなたの生活に合っているのか?耐震性は大丈夫?でもこんなことをすべて一から考え、理解するのは無理です。ただプロにお任せでは本当に納得できる家は建てられません。家を建てるあなたが一生懸命に考え、それを受けて私たちがプロとしてのアドバイスをする。そのやりとりがしっかりできればできるほど「いい家」が建てられるのです。だからじっくり時間をかけなければならないのです。

 

じっくり時間をかけ、納得して理解する。「人任せではない家づくり」をします。

情報の開示

プロとしてのアドバイスは決して我田引水になってはいけないと考えています。設計者の思いや個性はぶつけながらも、 客観的な情報をしっかり出していかなければ本当の意味での納得は得られないと思っています。使う木はどこの山で育ってきたものなのか、建材に含まれている物質にはどんなものがあるか、実現する耐震性はどのレベルにあるかなど、できる限りの客観的な情報を開示することが私たちの基本的なスタンスです。

 

 

 

どこのどんな木を使うのか?建材に含まれる物質は?耐震レベルなど…客観的な情報を開示することが私たちの基本的なスタンスです。

「住まいのよろず相談室」を開設しています

新築、リフォームはもちろん耐震診断、耐震補強、土地取得の事前相談、住まいのメンテナンス等々、我々で対応可能な相談、また他の専門家が必要なときには専門家の紹介など、ご相談内容に応じて対応させていただきます。

相談日 :毎月第1土曜日
     (1)午後1時から2時  (2)午後2時から3時 の2回
場所 :相談担当者と調整します
予約 :完全予約とします
    ※お急ぎの場合は別途ご相談可能です
費用 :初回は無料(見える家づくり集団対応の場合)
申込方法 :事務局に電話またはメールでご予約ください
     お気軽にお問い合わせ・ご相談ください!

見える家づくり集団事務局連絡先

〒534-0026 大阪市都島区網島町14-8-507
TEL.06-6354-0764 FAX.06-6354-9194
E-mail:info@mieruiezukuri.com

▲このページのTOPへ