住宅施工実例集
玄関土間のある家 「大阪狭山の家」
敷地が広く、ゆったりとした計画

ニュータウン造成後約30年、一部の住宅は建替工事中という熟成した街並みで、注文住宅・メーカー住宅等、工法・デザインが種々様々で周辺との調和も難しい状況でした。
敷地が広く、ゆったりとした計画になりました。(竣工までもゆっくりでした)外部空間と内部空間に一体感を持たせたく土間を設けました。玄関としても使用するので、子ども達が学校から帰ってくると土間より直接居間にあがる為子ども達の様子がよくわかります。

一階は土間・居間・食堂・台所・和室を開放すると約35帖の大空間となります。又土間の式台等にムクの一枚板を購入し、残すことなく色々な箇所に活かすことができました。
当初、居間に床暖房を計画しましたが、杉の厚板フローリングにしました。一冬過ごして「杉板にして良かった」との感想をいただきました。
庭の植栽については「これから相談しながら植えていきましょう」と話しており、少しずつ増やしていく予定です。完成というよりこれからの楽しみになればと思っております。

 

■設計・監理 コミュニティ建築事務所 玄関土間のある家「大阪狭山の家」
■施 工 アズマホーム株式会社
■竣 工 2003年7月
■建設場所 大阪狭山市
■構造規模 木造2階建て
■敷地面積 269.49m2(81.52坪)
■建築面積 109.97m2(33.26坪) ▲このページのTOPへ
■延床面積 167.15m2(50.56坪)