住宅施工実例集
2階に家族室のある家 「羽曳野の家」

敷地は郊外の閑静な住宅地である。家族構成は夫婦と子供2人の4人家族である。既存の住宅は30数年前に建てられた平屋建ての住宅であった。建築主のご主人にとっては、その家は生まれ育った場所であり、愛着のある家であった。その家を取壊して新しく家を建て替える計画になり、設計を依頼された。
以前の住宅の材料の小屋梁をバルコニーに使用し、また床板を物入れの中段に再利用等、生まれ育った住宅の記憶を新しい家に残した。
今回の住宅を計画するにあたって、最も重要視するスペースはリビング=「家族室」である。家族が一番長い時間使用する「家族室」を最も条件の良いスペースに確保するために、どうするかという考えのもとにつくられた住宅である。
その結果、敷地条件を考慮し2階に「家族室」を配置することが決定した。2階に直接アプローチできるように木製の外部階段を設け、家族全員がこのスペースを通って家に入り、個室へと向かうようになっている。家族が孤立しないプランである。
木製階段を登り、玄関から「家族室」へと導かれていく。広さは24帖、それに小さな和室(タタミの間)3帖がある。「家族室」とは、いわゆるLDKと言うものであるが、この住宅では入浴、就寝以外を過ごす重要なスペースということで、あえて「家族室」と名付けている。この「家族室」は2階にあることを最大限利用するため、登り梁工法を採用し、小屋裏を利用したダイナミックな空間としている。また、ロフトの設置による収容能力の増加、バルコニーを設置させることにより外部空間への広がりを持たせた。 1階にはフリースペースと寝室の2つの空間を用意した。フリースペースは大きな空間としている。この空間は将来、2人の子供用のスペースとする計画である。寝室の横には4畳の納戸を設置し収納スペースを多く取っている。2階同様に1階部分も、天井に無垢の杉板を見せることにより、より木造らしさを醸し出している。2階に玄関というのは一般解でないのかも知れない。しかし、2世帯住宅などの普及で2階への直接アプローチの住宅が見られるため、建築主に抵抗は無かったようだ。唯一、夏の暑さを気にされていたが、この夏の猛暑は難なく乗り切れたようである。以前の平屋建てより快適で特に就寝時は寝室が1階にあるため、涼しかったそうである。
建築主による珪藻土の施工など、この家にもかなりの愛着が湧いているようである。
設計者としては『楽しく住む』『大切に住む』ことを味わってもらいたい住宅である。

 

■設計・監理 Gen建築設計所 2階に家族室のある家「羽曳野の家」
■構造設計 田原建築設計事務所
■施 工 水上建設株式会社
■キッチン制作 カン・ワークス
■竣 工 2004年11月
■建設場所 大阪府羽曳野市
■構造規模 木造2階建て
■敷地面積 252.10m2(76.26坪)
■建築面積 79.02m2(23.90坪) ▲このページのTOPへ
■延床面積 124.70m2(37.72坪)